お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月

20

Swift3とバックエンドサービスを使った、サーバーレスな企業向けiOSアプリの開発手法

iOSアプリ開発のコンサルタントによる座学と、実際にコードを皆さんの前で書くデモを組み合わせてご紹介

主催 : NCデザイン&コンサルティング株式会社

ハッシュタグ :#AppPot
募集内容

参加枠1

無料

先着順
5/24

イベントの説明

概要

企業向けバックエンドサービスのAppPotを使用して、Swift3でiOSアプリを安全かつ手軽に開発するためポイントを説明します。

実際にSwift3を使って、開発する様子をライブコーディングでご覧いただけます。

ObjectiveCやSwift2を使って開発しているiOSエンジニアの方には、Swift3になって変わったところをご覧いただけます。 iOSの開発経験が無い方や、企画やプロジェクトマネージャを担当される方にも、こんな風に開発するんだなというのを感じていただけると思います。

こんな人におすすめです

  • 情報システム部の方、SIerでSEや開発をしている方など企業向けのモバイルアプリを企画、開発している人
  • ゲームやSNSなどとは異なる、ビジネス向けアプリの開発に対する知識を深めたい人
  • Swift3やバックエンドサービスを使った今時のアプリ開発について興味がある人

バックエンドサービスAppPot

AppPotはビジネスで利用するモバイルアプリの開発と運用のためのプラットフォームです。サーバー側に必要な機能を全て揃えており、企業システムとの親和性も高いのであなたはアプリの開発だけに集中できるようになります。 AppPotの製品ページ、Twitterアカウントはこちらです。

http://apppot.jp/

https://twitter.com/app_pot

スケジュール

15時開場、15時30分から講演開始。

内容 時間
1. 企業向けアプリの特徴と設計における考慮事項 20分
2. AppPotの概要説明と、アーキテクチャの説明 20分
3. Swift3とAppPotを使ったアプリ開発プロセスの説明 40分
4. Q&A 10分

持ち物

  • 会場入口にて名刺を1枚いただきます

AngularJSとAppPotを使ったハンズオンを過去に開催しています。ハンズオン資料などはこちらを御覧ください。 https://apppot.connpass.com/event/37331/

発表者

資料 資料をもっと見る/編集する

フィード

rsogo

rsogoさんが資料をアップしました。

2017/01/20 15:27

rsogo

rsogo さんが Swift3とバックエンドサービスを使った、サーバーレスな企業向けiOSアプリの開発手法 を公開しました。

2016/12/26 10:55

未だにサーバ開発に浪費していますか?Swift3とAppPotを使ったビジネス向けアプリの高速開発 を公開しました!

グループ

AppPot勉強会

イベント数 8回

メンバー数 59人

終了

2017/01/20(金)

15:30
17:30

募集期間
2016/12/26(月) 00:30 〜
2017/01/20(金) 01:00

会場

品川産業支援交流施設 SHIP

東京都品川区北品川5-5-15 (大崎ブライトコア 3・4階)

品川産業支援交流施設 SHIP

参加者(5人)

orijunjun

orijunjun

Swift3とバックエンドサービスを使った、サーバーレスな企業向けiOSアプリの開発手法 に参加を申し込みました!

negima

negima

Swift3とバックエンドサービスを使った、サーバーレスな企業向けiOSアプリの開発手法 に参加を申し込みました!

arannnnn

arannnnn

Swift3とバックエンドサービスを使った、サーバーレスな企業向けiOSアプリの開発手法 に参加を申し込みました!

Yuta S.

Yuta S.

Swift3とバックエンドサービスを使った、サーバーレスな企業向けiOSアプリの開発手法 に参加を申し込みました!

mtoshi

mtoshi

Swift3とバックエンドサービスを使った、サーバーレスな企業向けiOSアプリの開発手法 に参加を申し込みました!

参加者一覧(5人)

キャンセルした人(2人)